トランスパンダ

先日、トランスパンダのリーディング公演 『folklore』 を観に行きました。

南河内万歳一座からは、前田晃男先輩が出演しとりました。

リーディングとは基本的には台本を持ちながら公演するのですが、 『folklore』 はとてもお芝居っぽかったです。
台本を離しているのが多いのもありますが、お芝居の流れにそって台本を読むので、そう感じました。

私は、リーディング公演をあまり観たことがないので、これが新しい試みなのかどうなのかはわかりません。リーディングは、台詞を覚えなくていいぶん稽古時間を短縮できて持ち運びのいい公演だと聞いたことがあります。
そう思えば、覚えなければならないことが多いと役者にかかる負担は大きくなりますが、決して「こうでなければいけない。」ってことはないんだと、思えました。

遅ればせながらも、リーディングに興味が持てました。


面白かったですっ。