出演者に囲まれる

先週のことです。
『桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。』の稽古を見学させて頂きました。

多くは語れませんが、とにかく、面白い。
私のように落語をあまり知らなくとも楽しめますし、もちろん、知っている人はより楽しめるんだろうなぁと、思います。


この日は、一度通して、後半辺りをあたっておりました。
稽古が、これまた面白いのです。

内藤座長の演出が入る。
落語とお芝居の違い。
役者が意識を変えると、シーンの空気がいっきに変わります。

凄いっ!!
なんだか、興奮しちゃいました。


劇団いちびり一家の阪上洋光さんと、石川郁子さんも出演されとります。
さっかんも、いっこちゃんも、同い年。
羨ましいと思いつつも、この二人のパワーには敵いまへん。
パワーだけでなく、繊細に、繊細につくってはりました。

内藤座長の素敵な台詞。
桂九雀さんを通おして深みのある生きた言葉となって、心に響く。
止め止めの稽古にもかかわらず、ついついポロリしちゃいました。

九雀さん、素敵過ぎます。



あぁ。
本番が楽しみで仕方がないです。





どうやら、チケットは売れ行き好評のようです。
お早目にご予約下さい。

↓↓↓

『桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。』