お布団仕込み

『お馬鹿屋敷』 の仕込みは、お布団との戦いでした。

積み込みやバラシでは、布団を圧縮パックに詰め込んでは空気を抜く。
この繰り返しが延々と続きました。

仕込みでは、お布団の絵柄がきちんと決まっているので、9台あるワゴンをひとつひとつ写真に撮って、それを見ながら同じ絵柄をつくります。
公演も後半になると、お布団スペシャリストになったやつらもおります。

大量に同じモノがあるとわくわくする性分なので、『お馬鹿屋敷』の舞台美術はかなり好きです。
布団の柄も可愛いっ。

多嘉山秀一

オーディション参加の多嘉山秀一さん。

名古屋在住のタカチャンは、大阪の稽古場に名古屋から毎日通っておりました。
んでもって、稽古場飲み会の参加率100%。
酔っ払い率100%。
早朝に名古屋へ帰宅し、夕方には大阪の稽古場へ。
素晴らしい体力の持ち主です。

わからないことは、即、質問、即、解決。
タカチャンの時間の使い方は、本当、見習いたい。


ただ、酒の飲み方は、見習ったところで真似できないッスわぁ。