『宝島』大千秋楽
 
『宝島』全公演、終了しました。
観劇くださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

大阪公演も東京公演も、今回はなにかと雨に見舞われ、足もとの悪い中、劇場にお越し頂き、感謝しております。
本当にありがとうございました。


『宝島』、終わりました。
終わってしまいました。

毎回、個人個人に課題があります。
毎回、その課題をクリアしようと、取組みます。
毎回、その課題を完璧にクリアすることはできません。
クリアすることはできませんが、近づこうと努力します。

近づく努力をするには、その課題が少なくとも自分の中で明確でなければいけない。
明確でなければ、人に教えてもらっても、ちゃんと理解できない。
ちゃんと理解できなければ、どう努力したらいいのかわからない。
どうしたらよいかわからなければ、結局、自分の安定したところでやってしまう。


反省すべきところは、明確ですねん。
それを、次に繋げるねん。

へたれですが、へこたれてる時間はありません。
なぜなら、本日から『窓の彼方へ』の稽古がはじまります。
幸せなことに、鉄を熱いうちに打てる機会を頂いとります。



『宝島』は、とても素敵な作品です。

個人的なリベンジはもちろんありますが、それ以上にもっとたくさんの方々に観て頂きたいと思います。
いろんな土地で、いろんな想いを聞いてみたい。




終わったばっかですが、いつかの再演を願わずにいられないッス。