ボラ☆ボラの実・改

皆川あゆみのブログにしちゃいましたっ☆

げきだん

内藤さん家のお披露目会


お披露目会MT

5月5日に、座長・内藤裕敬と、先輩・重定礼子の結婚お披露目パーティーが開催されました。

内藤さん家のお披露目会です。

出席してくださった皆様、遠くから祝福してくださった皆様、ありがとうございました。

当日は慌ただしく、パーティーの写真を撮ることが出来ず、二人の幸せな写真をお見せすることが出来ません。

すみません。

とりあえず、お披露目会ミーティング&準備の写真で失礼します。

ホテルの会場に2tトラックで乗り付けました。
ホント、一公演やる勢いで、高砂を平台と箱馬で作り、緞帳も吊っちゃった。
4メートルのカーテンレールはホテルの表扉から搬入させていただきました。

ホテルの方々には、多大なご迷惑をかけたかと思いますが、快く相談にのってくださいました。
本当にありがとうございました。


遅ればせながらのお披露目会ではありましたが、出席してくださった皆様、楽しんでくれたご様子。

劇団員一同、ほっとしとります。


これからも、二人の幸せを一緒に監視してください。
よろしくお願いします。




ぐるぐる



被害者の会

ぐるぐるの旅、再開。


ずいぶん前の公演で、小道具の材料に使えないかと前田晃男先輩が劇団に持ち込んだのが始まりです。
結局、小道具では使えず、内藤座長の演出棒になりました。

一時、内藤さんはぐるぐるをぐにゃぐにゃさせながら演出しとりました。
旅公演にも連れて行き、かなりお気に召しておりましたが、いつの間にやら劇団員のカバンに急に現れるようになりました。

何気にカバンを開いた時にぐるぐるを見つけた時の“やられた感”は半端ないす。
思わず叫んじゃう。

すぐさま次のターゲットを決め、忍び込ませる。
こうして劇団員のカバンをぐるぐる旅していたぐるぐるです。

そんなぐるぐるの旅も、時間とともに消えてゆき、いつしか忘れ去られておりました。


『お馬鹿屋敷』小倉公演仕込み日に、突如ぐるぐるが現れた。
お久しぶりの再会です。
ぐるぐるの旅、再開です。

公演期間中、ぐるぐるの旅は続いておりました。

ある時は、カバンの中。
ある時は、コートのポッケの中。
ある時は、ホテルのドアノブに巻き付いて。

出現の幅を広げ、パワーアップしたぐるぐる。
公演が終了した今、どこにいるのか消息不明です。


次回公演の『宝島』に現れるのか。
また、忘れた頃に現れるのか。



どちらにしても楽しみなんだっ。





『宝島』出演者募集しとります。



『宝島』


次回公演の新作『宝島』の出演者を募集しとります。
同時に劇団員も募集しとります。


飲み会の席にて、内藤座長が隣のテーブルに座っておりました。
ふとした瞬間に座長の声が聞こえてきました。

「・・・・・・・っていう話なんだよ、宝島は。」

肝心なところを聞きのがした私です。


結局内容を盗み聞きできませんでしたが、それはそれでお楽しみってことですな。

新作は、いつもわくわくドキドキです。
劇団員で展開を予想しあったりするのですが、いつも裏切られます。
その裏切りが素敵なのです。

『宝島』。
なんだか冒険の匂いがするのは私だけでしょうか。


今回もどんな方々とお芝居をつくれるのか楽しみにしております。

是非、一緒に冒険の旅に出かけましょうっ!!
( 思いっきり思い込みです~


締切は、20日です。

詳細はこちらっ。
↓↓↓ ↓↓↓
南河内万歳一座ホームページ



 

お稽古見学。


出演者に囲まれる

先週のことです。
『桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。』の稽古を見学させて頂きました。

多くは語れませんが、とにかく、面白い。
私のように落語をあまり知らなくとも楽しめますし、もちろん、知っている人はより楽しめるんだろうなぁと、思います。


この日は、一度通して、後半辺りをあたっておりました。
稽古が、これまた面白いのです。

内藤座長の演出が入る。
落語とお芝居の違い。
役者が意識を変えると、シーンの空気がいっきに変わります。

凄いっ!!
なんだか、興奮しちゃいました。


劇団いちびり一家の阪上洋光さんと、石川郁子さんも出演されとります。
さっかんも、いっこちゃんも、同い年。
羨ましいと思いつつも、この二人のパワーには敵いまへん。
パワーだけでなく、繊細に、繊細につくってはりました。

内藤座長の素敵な台詞。
桂九雀さんを通おして深みのある生きた言葉となって、心に響く。
止め止めの稽古にもかかわらず、ついついポロリしちゃいました。

九雀さん、素敵過ぎます。



あぁ。
本番が楽しみで仕方がないです。





どうやら、チケットは売れ行き好評のようです。
お早目にご予約下さい。

↓↓↓

『桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。』


Wマッサージ


W足つぼ

最近、倉重みゆきと松浦絵里の中で流行っている足つぼマッサージ。
互いの足をぐりぐりしとります。

ゴローとマツは先輩と後輩の関係ですが、同じ衣裳班だからかなんなのか、なんか仲良しです。
よく二人で衣裳会議したり、ドラマの話をしたり、カップラーメン食べてます。

ぬぼ~んとしたマツとコロコロゴローのコンビは、見ていてなかなか可愛らしい。


二人のマッサージを横で見ていたら「あゆさんもやりますか?」と、私の左右の足をそれぞれつかんで足つぼを押してくれました。

かなり、痛い。
我慢できないくらい、痛い。
思わず叫んでしまう程、痛い。


微笑ましく見えるゴローマツコンビの足つぼマッサージ。
実際は、かなりハードな内容でした。




『お馬鹿屋敷』の稽古始まっとります。


お馬鹿タコパ・1

『お馬鹿屋敷』の稽古が19日から始まっとります。

サボりがちだったブログも再開します。
と言いつつ、すでに遅れてしまっとるのですが・・・。

恒例のタコパ初日から、とばし過ぎちゃいました。
いやぁ、終電で帰るつもりが、いつの間にかなくなっちゃったんだから仕方ないス。
 
お馬鹿タコパ・2

たこ焼き師匠の荒谷清水先輩は今回不在ですが、客演のや乃えいじさんがたこ焼き大将となり、美味しいたこ焼きを導いてくれます。

今回は、たこ焼きだけでなく、焼きそばまで出現しましたよ。
めちゃ美味しかったです。


あっ。
タコパは稽古終了後のことなのですよ。


初日台本

『お馬鹿屋敷』は再演ですので、初日からばっちり台本があります。

若干の書きかえがあるようですが、みんなで通して読み合わせをしました。
ただいま、配役中です。

稽古二日目は、ちょっとだけ歌の練習もしました。



ガッツリ稽古しとります。





『お馬鹿屋敷』募集しとります。



obaka

『お馬鹿屋敷』出演者募集
 
↑↑↑↑↑

秋・冬に公演予定の『お馬鹿屋敷』公演。
ただいま、出演者を募集しております。

『お馬鹿屋敷』は再演です。
私も前回、出演しました。
とてもお馬鹿馬鹿しく、面白い。

ある意味、南河内万歳一座風サスペンスホラー?
いゃ、そう思ってるのは私だけかもしれませんが。


是非、一緒にお馬鹿しませんか?


今回は、四都市公演です。
大阪、東京公演とはまた違った雰囲気の北九州公演と高知公演。
舞台の上で新鮮な発見をすることも多いです。
そんな発見をアテに、おいしいお酒とおいしいモンを食べまくる。

これから出会う出演者の方々とこのツアーに行けるのも、これまた楽しみ倍増です。


是非、一緒に面白い舞台をつくって、おいしいモン食べましょうっ!!


( ´∀`)ノ




アルバムっぽく ・ 2



焼肉三昧
 

劇場内風景
 

ラストまぼろし


アルバムっぽく



飲み会


仕込み


諸星観光営業所


本番前の風景


大阪の舞台

大阪の本番前の舞台上。

広々とした舞台の上でストレッチしたり、身体を温めたり。
岡部尚子女史は“モモ” の動きを確認しとりますな。

東京の舞台

東京の本番前の舞台上。

本番のセッティングではないにしろ、大阪とは広さが全然違います。
客席の前列をつぶして、アップします。

べっちは、たぶん、瞑想中。

腰のストレッチ・吉田バージョン

今回、べっちの息子役だった、吉田知生さんのストレッチ。
これ、ちゃんと伸びとるんかしら。
ついつい気にかけてしまう、可愛らしい男の子です。

実は、ロッカーらしい。
確かにちょいとハスキーな素敵な声をしとりますが、ロックな雰囲気は感じなかったなぁ。
是非、歌ってる姿を見てみたい。

腰のストレッチ・大久保バージョン

舞台裏で、寡黙にストレッチ中の、DRYBONESの大久保岳さん。
ランニングしてから小屋入り。
万歳のストイック師匠、荒谷清水先輩に負けないストイックさです。

ストイックだけどのんびり屋さん、寡黙だけど人懐っこい、岳ちゃん。

好きなタイプは、幸薄そうな年上女子。
好きなギャグ漫画は、ラッキーマン。

ちなみに、吉田くんの好きなタイプは、二次元。
好きなギャグ漫画はマニアック過ぎてわからんかったです。

よくわからんけど、二人とも可愛いからいいっ。



乾いた妙齢な私の心のオアシスでした。





プロフィール
ギャラリー
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • のんで~♪
  • のんで~♪
  • のんで~♪