ボラ☆ボラの実・改

皆川あゆみのブログにしちゃいましたっ☆

おしばい

唐組『海星』


唐組の『海星』を観に行きました。

唐組喫煙所

グラウンドに、突如現れたかのような赤テントを見つけると、いつも心が躍ります。
唐組の喫煙所。
かわいいっ!!

赤テント

空が少しずつ藍色に染まっていく時間の赤テントが好きです。
大阪城もおります。

超満員のテントの中。
役者さんが現れると、客席から掛け声があがる特別な空間。

唐組の役者さんは、女優さんも含めて、パワフルでかっこいいっ。
客席をまるごと舞台に引きずりこんでしまうパワーっ!!

いつも素敵な時間を過ごせます。


万歳イケメンズ

久しぶりに京橋近辺に訪れたので、京橋に住んでいた頃によく行っていた、ラーメン屋さん、花京に立ち寄りました。

たぶん万歳のイケメンズ、前田晃男先輩、鈴村貴彦にエスコートしてもらいました。


久しぶりの花京。
やっぱり、うまかったぁ。



ノン・アルコールの幸せな一日でした。

 



空晴『32年生の8時間目』


空晴飲み会

空晴の『32年生の8時間目』を観てきました。

そして、打ち上げにも参加させていただきましたっ!!

今回、南河内万歳一座から、前田晃男先輩が出演しております。

前田さんに写真を撮ってもらったので、前田さんが写ってないことに、今、気がつきました。
すみません。
浮かれすぎてしまったようです。
浮かれすぎて、空晴の21歳つやつやピチピチ新人ちゃん、古谷ちさちゃんの隣キープで写真に写ってしまいました。

比較対象が眩しすぎる。
(; ̄Д ̄)

とても素敵な新人さん。
空晴の公演を観に行く楽しみが、またひとつ増えました。


べっち

空晴の代表、岡部尚子さん。
べっちは、作・演出でもあり、さらに制作もこなしてしまう、すごい人です。

べっちは、めちゃ面白い人っ!!
私は、べっちのオモシロトークにお腹が痛くなるまで笑わされます。
笑い狂ったことがあります。

そして、べっちは優しい。
それは、空晴の公演を観に行くたびに思います。

今回の『32年生の8時間目』も観終わった後に、優しさの種を植え付けてもらえたような気になりました。
私も、少しは人に優しくなれるんではないかと錯覚をおこしそうです。


空晴の大阪公演は、27日までやっとります。
是非、ご観劇ください。

『32年生の8時間目』



そんなオモシロ優しい岡部尚子さん。
6月の南河内万歳一座の復活公演に客演していただくことになりました。

べっちと一緒にお芝居をつくる。
楽しみでしょ~がないッス!!

こちらも是非、よろしくお願いしますっ。

『夕陽ケ丘まぼろし営業所』

↑↑↑
南河内万歳一座の次回作です。



贅沢なハシゴ


土曜日に『劇場版 日本三文オペラ』 を観そびれたので、日曜日に観劇しました。


舞台セットを観てワクワク。
オープニングの音楽が流れてきて、胸が高鳴りました。

ホント、藤田辰也先輩の音楽、素敵だなぁと思います。
特にオープニングでいつも思います。
音楽が流れ出し、暗転。
明かりがすーっと舞台に落ちていくとともに、現実から劇空間に引き込まれてしまいます。

今回の始まりは携帯電話の音からでしたが、青年が幻想世界に入っていくとともに音、明かり。青年と一緒に私も幻想世界に引きずりこまれました。


機動隊との乱闘シーン。
私が最も楽しみにしていたシーン。

軽快なリズムの中、容赦なしに捕えようとする機動隊。
必死に抵抗するアパッチたち。
ガンガンと乱暴に戸を殴りつける音。
その音が、切なく心に突き刺さる。

内藤演出は、恐い。
心に直接響くんだもの。
恐い、恐いっ!!


終演後、アパッチ族の世界に心を寄せながらも、挨拶もままならぬまま、足早と次の会場に向かいます。


本来、土曜日に観劇のつもりでしたが、わがままを言って日曜日に変更していただきました。
本当にご迷惑をおかけしてすみませんでした。
ご挨拶にも伺えず、すみませんでした。


日曜日は夕方から予定がありました。

アパッチ族の世界に心を寄せながら、アパッチ族の暮らしていた近辺の大阪城公園に向かう。
そして、大阪城ホールでロックンロールを聞く。

偶然の奇妙な細~い繋がりに電車での移動中、ちょいと笑けました。




次は、アジカンロックだぜっ!!
イェイっ!!






『32年生の8時間目』


『32年生の8時間目』

東京にて、空晴の『32年生の8時間目』が上演されている。


南河内万歳一座から、前田晃男先輩が出演しております。

空晴の公演はほとんど観ているのですが、とてもさわやかで優しいイメージがあります。
ブログなんかもほぼ拝見させていただいているのですが、きっと、まっすぐに突き進み、柔軟に対処していく集団なのだと、勝手に思っとります。


今回、お稽古日誌を読む限り、新しい試みに苦戦しつつも、真向勝負を挑んでいろいろ発見した様子。
これは、もぅ、楽しみでしかないのですね。

ただいま、東京公演中です。

『32年生の8時間目』東京公演



数字に弱い私は、今回の作品名を覚えるのに苦労しましたが、大阪公演が楽しみでぃす。





『劇場版 日本三文オペラ』



日本三文オペラ


『劇場版 日本三文オペラ』
脚本・演出 内藤裕敬

本日から、芸術文化センターにて上演しております。


先日、上演された『窓の彼方へ』とは、まるで正反対ともいえる『劇場版 日本三文オペラ』。

繊細で静かな『窓の彼方へ』
荒々しく生きる『劇場版 日本三文オペラ』

共通点は、作り手の緻密さのみのような気がします。


『窓の彼方へ』に出演していた福重友先輩も、劇団いちびり一家の阪上洋光も、これまた出演しております。

南河内万歳一座からは、荒谷清水先輩、鈴村貴彦、北裏剛士、谷奥弘貢も出演しております。
音楽は藤田辰也先輩です。


7~8年程前でしょうか。いや、もっと前かなぁ。
今はなきウルトラマーケットで上演された時は、私も出演しておりました。

あの時は、とにかく男の人に憧れていた記憶があります。
女の人もかっこいいんですが、男の人のかっこ悪くても、かっこいいのに憧れたんス。

何分、昔の記憶なので、とんちんかんなことを言っていたらすみません


つい最近、ウルトラマーケットよりも、さらにさらに昔の上演DVDを観る機会がありました。
十何年前に、仮設テントで上演された時のものです。
いゃ、もっと前?
超スリムでイケメンの内藤さん。
しびれるほどかっこいい、劇団☆新感線の古田新太さん。

なによりも、演出がまったく違う。

時代、場所によって変わる演出。
仮設テントから倉庫空間、そして、劇場へ。




こりゃ、もぅ、楽しみで仕方がないッス!!





 

『WWW』


写真


ウイングフィールドにて、今年初の観劇です。

『WWW』を観に行きました。


樋口ミユさんの書く世界は、私はUgly ducklingの解散公演以来ですので、一年程振りでしょうか。

ひぐっさんの作品は女性らしくて好きです。

女性らしいってちょっとニュアンスが違うかな。
上品な女性らしいってのではなく、どちらかというと肉食系の香りでしょうか。

ひっぐさん自身は、Ugly ducklingの公演でも少年役が多く、ボーイッシュな感じで、キノコグッズの好きなかわいらしい雰囲気の方ですが、書くものは女っぽいんス。


今は東京にいるとのこと。
ますますの活躍を期待しておりますっ!!



久しぶりに出会ったひぐっさん、同じく元Ugly ducklingの出口弥生さん、デス電所の丸山英彦さん。
あまりに嬉しすぎて、写真撮るの忘れちった。

しくった。

くそ~っ!!
くそ~っ!!
くそ~っ!! 





『そして、飯島君しかいなくなった』


後輩の藤川央子が出演しているマルサプロジェクトを観に行きました。


ピッコロシアターにて、観劇。
近所という訳ではないのですが、電車だとちょい不便なので30分かけて自転車で行ってきました。

オカンが「20分で行けるわっ。」と言ってたので、余裕をもって30分前に出たら、ギリッギリでした。
騙された。
もしくは、オカンの脚力に敵わない。

なんしか、間に合ったのでよかったッス。


公演終了後、ナカチャンとはあまり話す時間がなかったのですが、観に来ていた、劇団いちびり一家の三穂眞理子と、吉井希、後輩の手嶋綾乃とお茶しましたっ。

13時開演だったので、夕方前のティータイムですな。
新鮮な気分でガールズトークに華を咲かせとりました。
「カラスがワンッ!!って鳴いたっ。」というのが、ガールズトークと言えるのかはわかりませんが、ノンチャンのこの体験から、妙にカラストークが盛り上がってもた。

写真


私の空き巣事件で飛んでしまった、手巻き寿司パーティーの約束はそこそこに、のんびり自転車をこぎながら帰りました。


2ステージ中のナカチャンには申し訳ないですが、のんびり過ごせた日でした。




お疲れ様っ!!ナカチャンっ!!




『カノアティックブルー』


藤田辰也先輩が演出している、劇団捻暮れロジックを観に行きました。


gallery


久しぶりに会った辰さんは、相変わらずスレンダー過ぎですが、何だか前よりオシャレになっとりました。
後、ひと公演。
寒い日が続くので、体調を壊さず頑張って下さい。
落ち着いたら、心斎橋のジョジョBarに行きましょうっ!!



先週に引き続き、お芝居三昧の週末が続きます。

平日も常に飲酒しているので、さすがに胃がおかしくなっとります。
胃酸過多の疑い。
体調管理、ちゃんとしなければ。

少し歩けば繁華街という、誘惑の多い劇場付近でしたが、おとなしく帰ることにしました。


さぁ、明日も昼から観劇だっ。




妹情報では、胃酸過多には牛乳が良いとのこと。
ホットミルクを寝酒?に、ゆっくり休もう。


もぅ、ええ時間やけどもさっ。






劇団捻暮れロジック


行きたい。


ただ今、前田晃男先輩が出演している、ねじリズム番外公演『ねじ四季』が渋谷にて公演中です。


どうもイケメンの集いのようです。


もともと予定をたてるのは苦手で、未定にしつつも東京に行けるチャンスを狙っとりましたが、今回は時間が合いそうにないッス。
残念ッス(T_T)


観に行きたかったなぁ。
・・・イケメン。

いゃいゃ、久しぶりに岡田優くんにも会いたかったし、イケメンの中で前田さんは何してるのか・・・、いや、前田さんもイケメン?ですが。


何しか、面白そうな雰囲気がする。





まだ日にちはある。
もう少し行ける隙間を検討してみようっと。





ねじリズム




『節電 ボーダー トルネード』


クロムモリブデンの公演を観に行きました。


大阪は久しぶりのクロムモリブデン。
面白かった~っ(´∀`*)ノ

めちゃくちゃな渦がいっぱいあって、いつのまにかおっきな渦になっとりました。
ゴッホの渦まみれ。


2011120419040001
 
公演終了後、クロムモリブデンの森下亮先輩にご挨拶。

もりっち先輩とは、学校は違うのですが、お互い高校生の時に一緒にお芝居を作る機会があり、その時からお世話になっとるのです。
かれこれ十何年前になるのやら・・・。

なので、久しぶりに出会って第一声に「・・・なんか、おっさんになりました?」と言ってしまったのは仕方がないかと。
「最近よく言われるっ。」と変わらない優しい笑顔で答えてくれましたが、きっと「お前はおばはんになっとる。」と思ってたに違いない。


いゃいゃ、歳を重ね、どんどん素敵になってるんだなぁと思っとりました。
これ、ホント。



東京公演はきっと、もっと面白くなるんだろうなぁ。
これも、素直な感想です。




クロムモリブデン
 
プロフィール
ギャラリー
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • のんで~♪
  • のんで~♪
  • のんで~♪