ボラ☆ボラの実・改

皆川あゆみのブログにしちゃいましたっ☆

『お馬鹿屋敷』2012~2013

フェリーの旅 in小倉


行きのフェリー宴


北九州公演の移動は、いつもフェリーです。
フェリーで一泊して、そのまま劇場入りになります。


船ってば、なんかテンション上がってしまいます。
フェリー移動に慣れたはずの劇団員も、初めて乗った頃のあほみたいなテンションは無いにせよ、なんか浮き足だっとる。

まさに、地に足が着いとりゃしません。
(_´Д`) アイーン


そんなこんなでフェリーに乗船し、まっ先に風呂に入る者、まずは船内レストランで夕食をとる者、寒いのに甲板に出て出港を待ったりと、それぞれの時間を過ごします。

最終的には、なんとなく船内レストランにて宴が始まります。

なにやら恋愛トークに盛り上がっていた、女子率高チーム。
がっつり話し込んでいたであろう、オジサンチーム。
やたらと盛り上がっていた、若くないのもいる若者チーム。

私は、女子率高チームにて恋愛作戦トークでした。
ちなみに、内藤座長に「おまえはガチャピンより、ミニラに似てる。」と言われたので、座っていたとこにミニラ貼り付けました。

ミニラ

似てる?
これって、喜んだらアカン系ですよね。
きっと。

・・・嫌やけど、似とる。



若くないのもいる若者チームの宴は、遅くまで盛り上がっておりましたよ。
私も少し参加させてもらいました。
おならの話をしておりましたよ。
もはや、ろれつの回らない者が何人もおりました。

稽古場から持ち込んだ日本酒、焼酎、泡盛を飲み干したんだから、当たり前か。



次の日、仕込みでは、ろれつが回らないにもかかわらずおしゃべりに夢中だった者ほど、無口になっとりました。



ふふふっ。





『お馬鹿屋敷』北九州公演、終了しました。


フェリー乗り場へ

怒涛の北九州公演が終了しました。

観劇くださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。


大好きな北九州。
食べ物が美味しいだけでなく、出会う人、出会う人みんな温かい。
北九州芸術劇場のスタッフのみなさんや、地元劇団のみなさんも、いつも温かく受け入れて下さいます。
本当に、いつもありがとうございます。


北九州公演は、公演日数が少ないながらも、舞台上での発見が多いです。
呼吸というか、タイミングというか、なんかそんなもんが徐々に合ってきて、もちろん意識はしておりますが、その意識がストッパーにならず、素直にでてくる感じです。
それが発見に繋がる気がする。

わけわかめで、すみません。

なんしか、北九州公演を経て、毎回得るものが多いってことですのね。
これを東京公演に持ち込むべしですがなっ!!


今回はタイトなスケジュールで、ゆっくりできなかったのがとても残念です。
北九州公演千秋楽、急いで舞台バラシ。
慌ただしく大阪行きのフェリーに直行。

フェリーに間に合うように、舞台バラシを終わらせることができたのも、北九州芸術劇場のみなさんと、お手伝いくださった劇団のみなさんのおかげです。


本当にいつもありがとうございます。
感謝しております。



また、来年の北九州公演、楽しみにしておりますっ!!





大阪稽古、終了ですぅ。


年明け早々、ブログさぼりしとりましたが、4日からがっつり稽古しとりました。

大阪公演を経て、もっと面白くなる可能性を目指し、新たな演出が入ります。
一度作り上げたものを壊すとは、こういうことなのかもしれません。

レベルアップを目論んどりますっ。


がっつり稽古をしておりましたが、がっつり飲み会もしておりました。
言うても、新年ですものな。

そりゃ、呑んじゃう。

浮かれ呑み

新年会にて、浮かれ放題に浮かれとりました。


そうこうしているうちに、明日、いゃ、もはや今日、小倉に移動です。
久しぶりに訪れる小倉、凄く楽しみなのです。
楽しみなんだけど・・・。

荷造りが大嫌いな私。
いまだに手つかずです。


ドラゴンボールのアレがあったらいいのにぃ。
(`ε´)ぶーぶー
寝ている間に小人さんが用意してくれたらいいのにぃ。
(`ε´)ぶーぶー
もしもボックスがあったら「もしも荷造りが完了してたら。」って言う。
(`ε´)ぶーぶー




・・・さてと、荷造りやりますかぃ。







昨日の夢


北野寛大

オーディション参加の、北野寛大くん。

やる気満々、気合一直線の北野くん。
私、勝手にヒロヒロと呼ばせて頂いております。

昨日、夢に出てきよった。

夢の中で、これまたオーディション参加の岸本武亨くんと、内容は忘れましたがiPhoneについて語っておりました。すると、突然ヒロヒロが「えっ!!iPhoneって食いモンじゃないのっ!?」と慌てだしました。
私ときっしゃんがキョトンとしていると、ヒロヒロの顔はどんどん青ざめていき、「どうしよう・・・。俺、食いモンやと思ってiPhoneめちゃ買ってもうたっ。」と、言いだした。
涙目のヒロヒロを見て、私ときっしゃんは大爆笑です。

笑いながら目を覚ましました。
夢だと思ったら、馬鹿馬鹿しくって、さらに笑ケタ。

夜中なのに、笑いが止まりませんでしたよ。


ヒロヒロは、まぁ、だいたいそんな感じ。



ガラスの♡を持つヒロヒロを、いじめたくてしょうがないひとまわり年上の私ですの。





ランドマークな日



ランドマーク

稽古期間中のこと。

『夕陽ヶ丘まぼろし営業所』の出演メンバーが稽古の見学に訪れました。
当然のごとく、稽古終わりには宴が始まります。

公演が終わっても、稽古場に遊びに来てくれるのはとても嬉しい。
そないに月日が経ってる訳でもないのに、妙に懐かしい気持ちになりました。

前回の出演メンバー、今回の出演メンバー入り乱れて楽しい時間を過ごしました。


この日は、これまた素敵な方が遊びに来てくれましたっ。

全国ツアーで大阪ライブを終えたASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラムの伊地知潔さんがいらっしゃいました~っ!!

イエェ~イっ!!

しかも、ツアーグッズをお土産に持ってきて下さいましたっ。

イエェ~イっ!!

いつも優しくて気さくな伊地知潔さんは、本当に素敵な方です。


夜も更け、終電で帰る人は帰り、人数も減ったところで、ニューアルバム「ランドマーク」のCDとツアーグッズの争奪戦です。

伊地知じゃんけんで勝った人から好きなものを選べるルールです。

負けたらもちろん、アイコでも選べる権利はありません。
勝者のみが選べます。

結果は写真の通り。

高確率なのに、選ぶ権利を得れませんでした。
ぶ~っ(T_T)



でも、こんな酔狂な遊びに楽しく付き合ってくださる、伊地知潔さん。
素敵過ぎる~っ!!


グッズを手に入れることは出来ませんでしたが、楽しい夜でございましたのっ。



 

お馬鹿な焼肉食べ放題


お馬鹿焼肉

本番中の恒例行事。

焼肉食べ放題~っ!!


焼肉食べ放題は、マチネ(昼公演)後、次の日ソワレ(夜公演)の定番行事です。

確か、何年か前の新居浜公演で中華バイキングを発見したのが食べ放題の始まりだったと思います。
その時に、三浦隆志先輩を筆頭にバイキング部が集結されました。

旅公演で食べ放題を見つければ、バイキング部。
芝居を観に行った帰りに食べ放題があれば、バイキング部。

三浦さんと食べ放題が揃うと、バイキング部なのですよ。

キャプテンの証

長い間キャプテンを務めていた三浦さんですが、今は総監督に落ち着き、毎回キャプテンが選ばれます。
今回は、前田晃男先輩でした。
キャプテンの証を頂けます。


今回、私が所属したチームメイトは、三浦総監督、多嘉山秀一、鈴木英之、岸本武亨、北野寛大。
総監督とオーディション組。

三浦総監督は、さすがの食べっぷり。
食べっぷりだけでなく、肉を焼く段取りのよさに常時網の上には肉。

タカチャンは、飲み放題専門でビールの量が半端ない。
私がカウントしただけでもジョッキ10杯は軽く超えとる。

すーさんは、肉と酒のバランスが凄かった。
肉を食いつつ、ビール、マッコリ、焼酎のローテーション。

きっしゃんは、隣チームの肉も食っとりました。
マッコリベースで最後まで肉と戦った。

ヒロヒロは、へろへろでした。
ご飯を5合食べたことのあるヒロヒロは、今回期待のホープでしたが、前半戦に飛ばし過ぎ、開始一時間でダウン。
そりゃ、いきなりご飯4杯食べりゃお腹も張りますわ。
肉よりご飯で満たされてしまったようです。


なんしか食いまくりましたよ。肉。


次の日、みんな体が元気っ。
お肌の調子も良いっ。
やっぱり、肉は最高ですな。



でも、一人だけ青白い顔の人がいました。



『お馬鹿屋敷』大阪公演、打ち上げ。


焼うどん大将

『お馬鹿屋敷』大阪公演楽日は夜公演だったので、次の日に舞台をバラシました。

朝から舞台をバラシ、そのまま稽古場で荷下ろし。
お片付けと北九州公演に向けてのプチ作業。

そして、打ち上げです。


トマト鍋と焼きそば、焼うどん。
恒例のたこ焼きは、いつの間にか消えました。

そこそこ早い時間から、皆様から頂いた差し入れを飲み倒しました。
とても美味しく楽しく頂きました。
ありがとうございました。


公演中、ゆっくりとお話しする機会は意外にありません。
なので話題に尽きることはなく、時間は過ぎて行きました。

もののふ先輩

前田晃男先輩のちょっとだけもものふバージョン。

コーラを片手にモモクロを熱く語る。
語りつつ、BGMに流れているモモクロの歌を歌いだす。

「後輩に引かれても、好きなモンは好きだっ」と宣言する前田さんが少し素敵に見えた私は、だいぶん酔っ払っていたようです。


いつもは朝までの私ですが、めずらしく終電前に帰りました。



病み上がりのお酒はふわふわします。
風邪ウイルス前田型は、恐ろしい。






『お馬鹿屋敷』大阪公演、終了しました。


千秋楽

日付は変わってますが、『お馬鹿屋敷』大阪公演、無事、千秋楽を終えました。
連日、たくさんの皆様に観に来て頂き、心から感謝しております。

観に来てくださった皆様、応援してくださった皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。


稽古が始まってから、あっという間の一ヶ月半でした。
あっという間に稽古が終わり、あっという間に本番も終わりました。

気付けば世間はクリスマスですか。
ほんでもって、年末ですか。

あっという間に再び稽古が始まり、あっという間に北九州公演ですな。

私、「あっ」「あっ」「あっ」としか言うとりゃしません。

「あっ」「あっ」「あっ」と日々、発見。
なんとなく気付いたこと、なんとなく感じたこと、なんとなく思ったことを少しでも明確になるまで積み重ねる。
これまた、なんとなくですがね。

発見の日々は、とても面白いん。

座長

来年1月から2月にかけて、『お馬鹿屋敷』北九州公演、東京公演、高知公演と続きます。

「あっ」「あっ」「あっ」と、発見は尽きないんだろうなぁ。
楽しみで仕方ないのです。

その前に、クリスマスと年末も楽しみたい。



こりゃ、あっという間に忘れちゃわないように気を付けねば。






激辛好き


鴨鈴女先輩が「私も一度行ってみたいっ!!」っつ~ことで、稽古終わりに前田晃男先輩行きつけの韓国料理デーバグに行きました。

スズメさんと前田さんとオーディション参加の多嘉山秀一さんの4人です。

久しぶりのデーバグ。
やっぱり美味しい。
残念ながら私の一番好きな蒸し豚は売り切れておりましたが、謎のチヂミが出てきて、これがまた美味いっ。
ジャガイモナムルや梅キムチと、オモニの何となく作ってみたという創作料理がどれもこれも美味しいから凄いッス。


仕事がひと段落したオモニが宴に参加したので、私が「しし唐と青唐を間違えて食べてえらい目にあった。」と告白したら、韓国では3種類の青唐があって、それぞれ辛さが違うのだと教えてくれました。
韓国の人はほとんどの人が中辛の青唐を使うけど、日本人は激辛を好むそうです。

オモニは「そんな辛かったら、美味しないっ!!」と、怒ってはった。
お客さんにも「死んでも知らんっ!!」と怒りながら辛くするんだと。
オモニらしい。

そんな激辛について激辛批判をしていると、おずおずと多嘉山さんが「僕、実は激辛好きです。」と手を挙げはった。
勇気ある発言ですな。

っつ~訳で、激辛青唐が出てきた。

タカチャン

生まっこりと、みそを付けた激辛青唐。
みんなが見守る中、躊躇なく大きく齧る、多嘉山さん。

「・・・うん。ピリピリしていい感じです。」と、期待はずれなリアクション。

あんまり辛くないのではないかと思い、みんなでちょっぴり食べてみました。
最初は全然辛くなく「全然平気やわ~。」なんて言ってましたが、15秒ほどしてから一気に口の中が痛くなります。
胃がカッカするのがわかるほどです。
吐く息が舌にあたって痛い。
口の中が腫れあがるほどの辛さです。

こんなものを平気で食べれる多嘉山さんてば・・・。




ひ~


こちらが一般的なリアクションです。




最近の感じ。


岸本流

ブログ更新率が悪ぅなっとりますが、ちゃんと稽古しとります。


稽古前に必ず小一時間ほど身体を鍛えるために肉練をします。

たいていは劇団員が中心となって腹筋やら背筋やらストレッチをしますが、今回、劇想からまわりえっちゃん所属の岸本武亨くんに、からまわりえっちゃん流肉体訓練を教えて頂きました。

写真は、腕立ての巻です。
みんな、悲鳴をあげながらやっとりましたよ。
私は、腕立ては休憩ですの。

さすがに若い人たちの運動量は凄まじい。
こちとらヒーヒー言うとります。

ちなみに、私と岸本くんは同じ干支です。
ひとまわりえっちゃんだぜ。


肉練終わりには、がっつり稽古です。
がっつり、がっつりやっとります。


まったりと。

そして稽古終わりには、まったりと宴です。
最近は、まったり宴が主流です。

がっつり稽古で時間がなくなるので、なかなかタコパは開催されません。
それでも、PM/飛ぶ教室所属のや乃えいじさんが即席焼きそばを作ってくださる。
や乃流焼きそば、めちゃ美味です。




客演さんにお世話になりっぱなしではないかっ。






プロフィール
ギャラリー
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • のんで~♪
  • のんで~♪
  • のんで~♪