ボラ☆ボラの実・改

皆川あゆみのブログにしちゃいましたっ☆

Plant M 『 Aftershock 』

『 Aftershock 』終了しました。


自家発電型自転車
 
Plant M  『 Aftershock 』 島根チェリヴァバージョン、全ステージ終了いたしました。

観劇くださった皆様、チェリヴァの皆様、ハタチ族の皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
天野旅館の皆様、おくいのお母さんたち、かね平のお父さん、かもとのお母様たち、石田魚店のお母さん、アルカス、和かな寿司、大変お世話になりました。

2週間ほどの滞在の中、地元の方々より、木次駅周辺を徘徊しておりました。
たぶん。

木次駅周辺を歩いていると、見知らぬオジサンや見知らぬ小学生、誰もが「こんにちは。」と、気さくに挨拶を交わしてくれます。
心がほっくりするのですよ。
ホント、素敵なとこでした。

誘ってくれた、ひぐっちゃん、ののさん、ありがとうっ。
いい出会いと経験をさせていただきました。

『aftershock』

実は、劇団に入って18年ほどたちますが、恥ずかしながら、劇団関係以外のお芝居に出演したのは今回が初めてでございます。

思いっきり緊張しておりました。
みなさんにご迷惑をかけやしないか、とか。
案の定、たくさん迷惑をかけましたがな。
でも、私はたくさん勉強させてもらいました。

客演。
私は、恐れ多いことのように感じてましたが、恐れ多いからこそ、学べることも多いんだと思いました。
怖がらず、飛び込んでかななぁ。
一緒にお芝居をつくりたいと思われるようにならねば。
日々、精進。



出雲大社にて、縁結びのお守りを購入。


また素敵な出会いがありますように。
ついでに、彼氏ができますように。




雲南ビュー


自然の森

 
本日は、西藤家に自然の森に連れて行ってもらいました。

自然の森には、神楽堂と創作研究棟という校舎があります。
羊やヤギもおりました。

ひぐっちゃんは「ここでお芝居がしたい~っ!!」とテンションマックスでしたよ。
近くにはロッジもあり、稽古をする場所もあり、しかも、レンタル料がお安いっ。

カフェでお芝居を作っている関西の人たちでも実現可能だなぁと思いました。
かなりいい感じです。

緑の桜

帰りに緑の桜を見に行きました。
“御衣黄”(ぎょいこう)という種類だそうです。

緑の模様にピンクのラインが美しい。


自然の森にある、神楽堂の奥は、まさに雲南ビューっ!!
うっすら霧がかかって、くらくらするほど幻想的です。

いつの時代にいるのだろうという錯覚がふらり。

妄想が刺激されたようですわ。



知れば知るほど、神秘的な島根でございます。




 

三刀屋ハイスクール



亀尾先生
 
もう一人の『Aftershock』な共演者。
亀尾佳宏さん。

亀尾先生は、高等学校の先生です。
今は、三刀屋ハイスクールの分校に務めてらっしゃいます。

スーツが似合うナイスガイ。
スーツフェチの私にはたまりまへん。

職場から直接稽古場にやって来る亀尾先生は、いつもスーツ姿で稽古します。
私にとっては珍しい風景。

インテリジェンスな雰囲気の亀尾先生ですが、4歳の愛娘のみずきちゃんの前ではデレデレです。
「パパ好き~っ」と亀尾先生にべったりなみずきちゃんですが、「みずきちゃんは誰と結婚するの?」と言う質問には、一瞬言葉をつまらせて笑顔でごまかしはりました。

「これは好きな子おるわ。」というひぐっちゃんと私の意見に亀尾先生はあたふたしとりましたよ。
みずきちゃんに「みーちゃんは誰とけっこんするの?パパじゃないの?」と、優しく何度も問いかけてました。

大ジョッキ

稽古終わりは、やっぱりこれ。
大ジョッキで疲れた身体を癒します。

居酒屋のお父さんが神楽や文化についていろいろ教えてくれました。

お父さんのお話しと美味しい料理。



島根、ええとこや~っ。





西藤家


西藤家
 
島根に着いて、二日間は西藤さんのお宅に泊めていただきました。

一番右が西藤将人さん。
西藤さんは劇団ハタチ族の代表で、役者さんです。
『 Aftershock 』の共演者なのです。

低くて力のある声。
声フェチの私にはたまりまへんがな。

素敵な奥様と愛娘のまこちゃんっ。
西藤さんが寝静まると、奥様とひぐっちゃんと私でガールズトークが始まります。
最高に楽しかったっ!!
西藤さんには秘密にしておこうっと。

マコさん

「まこちゃ~んっ」と、呼ぶと手をあげる、まこちゃんっ!!
ひぐっちゃんと私、メロメロですねん。

とてもキュートなまこちゃんですが、くまのプーには厳しくて冷たい。
鼻を力の限り噛み、ざんなく投げ捨てる。
それを見て、ひぐっちゃんと私は、やっぱりメロメロですね~ん。

西藤家には本当にお世話になりました。
ありがとうございました。


今は旅館でひぐっちゃんと二人暮らしですが、奥様が「いつでも泊まりにおいで。」とおっしゃってくれとります。

もし、ひぐっちゃんと喧嘩したら、西藤家に逃げ込もう。

「私、実家に帰らせていただきます。」

てな感じで。



鰐とうぐい


鰐

滞在している旅館の近くにある魚屋さんにサメが売っていました。

ひぐっちゃんと「サメやっサメやっ!!」 と騒いでいたら、魚屋のお母さんに「鰐。」と言われました。島根では、サメのことを鰐と言うようです。
鰐は、煮込んで食べたら美味しいそうです。

魚屋のお母さんに店の奥の小部屋に通され、お茶とお菓子と大根サラダと奈良漬をごちそうになりました。

うぐい

稽古終わりに、大衆居酒屋にて晩御飯。

鳥やイノシシの肉に、ひぐっちゃんとウハウハしていたら、店のお姉さんに「島根の川魚の刺身があるよ。」と、うぐいをすすめていただきました。

うぐいは、酢味噌に山椒を混ぜたモンにつけていただきます。
あっさりしていて、食べやすいっ。
最後には、うぐいの味噌汁をごちそうになりました。


魚屋のお母さんも、居酒屋のお姉さんも、敏感で優しい。
地元の人でないと察すると、気軽に話しかけてくれて、この辺りのことをいろいろ教えてくれます。


確実に島根に馴染んでいってる、ひぐっちゃんと私です。



 

桜とトロッコの町


木次駅
 
盛大にSNS関連をさぼっておりましたが、ただいま島根県に滞在しております。


Plant  M の『 Aftershock 』の島根県チェリヴァホールバージョンに出演させていただくことになり、しばらく島根県雲南市にお邪魔することになりました。

『 Aftershock 』は、大阪バージョン、東京バージョンと、その土地土地で形を変え上演されてきた作品です。
その島根バージョンに参加させていただいております。

島根バージョンは、木次にあるチェリヴァホールで島根の役者さんとつくり上げていきます。
4月11日に島根に移動し、次の日からがっつり稽古しております~っ。

チェリヴァホール

チェリヴァホールで、構想の幅を広げるPlant  M の主宰で『 Aftershock 』の作・演出の樋口ミユさん。

今、ひぐっちゃんの頭の中には自由な空間が広がっているんだろうなぁとか思いつつ、私は島根の神秘的な伝説に心を馳せとります。
不思議な夢を見れるんじゃないかしらと、日々期待しておりますが、今のところがっつりぐっすり目覚めのいい朝を迎えております。

これから、これから。


公開はしませんが、不思議な写真は撮りましたのよ。



 
プロフィール
ギャラリー
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • お誕生日
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • 真田風雲録
  • のんで~♪
  • のんで~♪
  • のんで~♪